桃 「はなよめ」
 ■ はなよめ【ハナヨメ】(果樹)
登録番号 第4365号
登録年月日 1995年 3月 15日
農林水産植物の種類 もも
登録品種の名称及びその読み はなよめ
 読み:ハナヨメ
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅日  
品種登録者の名称 八代町農業協同組合
品種登録者の住所 山梨県東八代郡八代町南561番地
登録品種の育成をした者の氏名 志茂勝弘
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は、育成者のほ場(山梨県東八代郡八代町)で発見された「日川白鳳」の変異樹で、果形が短楕円、果肉が乳白色、果重が250g程度の育成地において6月下旬に成熟する早生種である。  樹姿は中間、樹の大きさ及び樹勢は中である。枝梢の太さ及び節間長は中、葉身の形、葉縁の波打ち及び葉の大きさは中、色は緑、蜜腺の形は腎である。花の大きさは中、花弁の形は楕円、波打ちは有、色は淡桃、花粉の多少は有、がく筒の形は鐘、がくの色は紅紫である。果実の外観は短楕円、果頂部の形は凹、凹みは浅、梗あの深さ及び広さは中、赤道部の縫合線は浅、果頂部の縫合線は中である。果実の大きさはやや大(250g程度)、果皮の地色は乳白、着色は多である。切った直後の果肉の色は乳白、果肉内及び核周囲の着色は微、果肉の粗密は中、果肉繊維の多少は少、果皮の剥皮性は中、肉質は溶質である。果汁の多少は多、甘味は中、酸味は少、渋味は微、苦味は無である。核と果肉の粘離は粘核、核の形は楕円、大きさは中、色は淡褐、核面の粗滑は粗である。開花期は中で育成地においては4月10日前後、成熟期は満開後80日以前で、育成地においては6月下旬である。生理落果の多少は少、核割れの多少は中、裂果は無、果実の日持ちは中である。  「日川白鳳」と比較して、葉縁の波打ちが多いこと、果実の外観が短楕円であること、核面の粗滑が粗いこと等で、「武井白鳳」と比較して、蜜腺の形が腎であること、香気が多いこと等で、「ちよまる」と比較して、切った直後の果肉の色が乳白であること等で、「ちよひめ」と比較して、果肉内の着色が少ないこと、核面の粗滑が粗いこと等で区別性が認められる。
登録品種の育成の経過の概要
 この品種は、育成者が昭和59年に購入した「日川白鳳」から、翌年採穂し養成した苗木の中から、63年頃に「日川白鳳」と特性の異なる木を発見し、以後、苗木の増殖を行うとともに、特性の調査・確認を行って育成を完了したものである。  なお、出願時の名称は「やつしろはくほう」であった。

No. 品種登録者の名称 品種登録者の住所
八代町農業協同組合 山梨県東八代郡八代町南561番地